« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

楽々・栗の甘露煮♪

栗の季節となり、今年も「栗の甘露煮」を作らなきゃ・・・
でも面倒くさいのはイヤbearing
時間がかかるのはもっとイヤgawk
去年から圧力鍋の方法に変えてから
少々の手間ならやってみようという気になる
とても楽で簡単で美味しい方法ですshine

  • 栗の頭の皮のみ軽く十文字をいれ(深く切らない!)
  • 栗がかぶるひたひたの水を入れ圧力鍋に入れて、蒸気が出てから加圧4分。(去年は5分で柔らか過ぎた)
  • 水をかけて急減圧し、蓋を開ける。
  • 皮を剥く(熱いので皮付きの栗に水をかける)
  • 水150ccに砂糖150gを煮溶かしておき、
  • 栗を2分煮てブランディーを入れてしばらく置く。

外皮と渋皮と一緒に剥くと、つるりと綺麗にむけます。力は要りません。
取り掛かってから小1時間でできました。
灰汁抜きもクチナシも無しで、栗のしわも残っている黄金色の甘露煮です。

P1010734

今回茨城県の栗を使いました。粒が大きく、ホクホクして美味しかったです。

| | コメント (2)

桃屋の角切りのり♪

いつも美味しいものを見つけて教えてくれる友達から、1通のメール

virgo「桃屋の美味しいラー油は、相変わらず入手不可能ですが、
桃屋の瓶入りの『角切りのり』食べましたがなかなかscissorsですよ」

P1010733
早速スーパーのはしごをしてrun見つけましたeye
小さく切った国産板のりにごま油、唐辛子、にんにくが入っていて、
甘辛く煮てあります。
温かいご飯にあって、ご飯が進みそうな危険な美味しさですheart04
妹にメールをしたら、早速ゲットしたみたい。

この角切りのりを捜している時、
「お一人様1個」の桃屋のラー油も思いがけなく手に入れましたが、
昔ほど心躍らなくなりましたgawk
でも3個ほど確保しております(笑)

| | コメント (4)

YUJI AJIKI のケーキ♪

先週YUJI AJIKIのお店にいざ行こう!と思い立った日が、お店の夏休みだった・・・
今日からオープンしているので、ちょっと足を伸ばして行ってきましたrvcar

P1010728
優しいピンクのドアは、ケーキボックスと同じ色。
店内も、洗練された上品な雰囲気。
混んでいませんでしたが、
次から次へとお客さんが絶え間なく。
安食シェフの働く姿を見ようと
店内から短い首を伸ばして、発見eye

今日は夫と私しかいないので、
新作のシュークリームとモンブランと
ロールケーキを買ってきました。

P1010729

家に帰ってすぐcafecake頂きました。
う~ん、美味しいheart04

モンブランと安食ロールは前にも食べたのにまたリピート。
(だって私好みの美味しさなのだもの・・・)
新作のシュークリームはシューがしっかり
中のクリームも甘さ控えめなのにすごくコクがある。

家からrvcarで30分程だし、場所もわかったので
近いうちにまた行きたいなscissors

| | コメント (2)

菊の蓋物(1)♪

今朝は肌寒くやっと秋らしくなってきました。
散歩していると、秋の虫が鳴いています。
夏物と秋物の服の入れ替えをしました。

芸術の秋で~す。

1年越しで温めていた菊の絵付けを描き始めました。
下絵を何度か書き直し、菊の色もやり直し。
まだ焼いていませんので、また変えるかも・・・

P1010726_2

| | コメント (0)

敬老の日の失敗♪

昨日の敬老の日の話。
お赤飯とお義母さんの好きな鮭ときのこのホイル焼き、野菜サラダ、サツマイモとひじきの煮物、けんちん汁という、超ヘルシーな夕飯でお祝いしてました。
(お昼にはデーサービスで敬老のお祝いの膳済み)
お義母さんったら、お赤飯に気が付かないものだから
夫が「敬老の日だからお赤飯だよ」と言ってました。
(私に気を使って・・・笑)

実は、私の両親への敬老の日のお祝いをすっかり失念しcoldsweats02(前日までは覚えていた!)
急きょ急いでお祝いの桐の箱入りのカステラを買って(笑)、
夕飯を終えてからrvcarで届けにいきましたdash
宅配で翌日に届いても興ざめですもの・・・wobbly

妹とも先々日「敬老の日」のお祝いについて話してしたのに・・・もう自分にびっくりです。
両親には、忘れていた事などおくびにも出さず、
「忙しくて、届けるのが夜になってしまった」と言い訳coldsweats01
でも本当に本当に忙しいのよ。雑用に追われる毎日・・・

両親と妹と30分だけ話をして娘のお迎えのためとんぼ返りrvcar・・・dash

でもなんと妹が、ラデュレのマカロン&スイーツのショッピングバッグを買っていてくれてheart04ルンルン(古い?)heart02
姉思いの妹よ。ありがとうkissmark

P1010724_2 

そして、今朝の出来事。
娘と夫の靴磨きをし、立ち上がろうとしたら、

annoyが~~~~~んbomb

靴箱の上部の扉が半開きで(私が2,3分前に開けていた)
思いっきり左目に直撃。
メガネが飛び、
私は、左目がえぐられたかと思いましたよ。
私の叫び声を聞いて娘が「どうしたの?」。
「私の目。どうなってる?」と、そろりと手で覆っていた左目をそろりと見せました。
「何ともないよ!」
「血が出てるでしょ?」
「だからなんとも無いよ」
メガネのお陰で、傷つかなったみたいcoldsweats01
ズキズキする左目に壊れなかったメガネをかけて、駅までrvcar送って行きました。

もっと落ち着いて行動すべきとこの歳になってまたまた反省bearing

| | コメント (8)

キャラメルティー・パンナコッタ♪

朝夕少し涼しくなったとはいえ、昼間はまだまだ暑いですね。
のどこしのいいパンナコッタを作りました。

パンナコッタは、ゼラチン、牛乳、生クリーム、砂糖があればすぐにできる時短お菓子。

牛乳にキャラメルティーの茶葉を入れて、香りとコクを引き出し
美味しいパンナコッタができました。

P1010722

| | コメント (2)

クリスマスオーナメント♪

朝夕涼しくなって過ごしやすくなりましたね。

ハローウィンも始まっていないのに、クリスマスオーナメントを作っていますhappy02

P1010717

転写紙、絵付け、エナメル、金色のインデッセントカラー、ゴールドアンダーレイを使って描きました。
インデッセントカラーは、濃い色の上に描くと虹色に発色するので、オーナメントに向いていると思います。P1010719_2

| | コメント (2)

シニア・ポーセラーツは楽しいね♪

シニアポーセラーツ講習会全4回無事終了しました。

P1010715

初回の作品を焼成し終わり完成した作品を皆さんにお見せすると、
皆さんから歓声があがりました。
とても喜んでいただきました。

一見、マイセン風、ジノリ風、ウエッジウッド風、ドレスデン風shine

「自分だけのカップcafeだねhappy01

「こんなに素晴らしいカップcafe、自分が作ったと言っても家族に信じてもらえないなぁ~」
と、言っていたおじいちゃんに、
「『この印が見えぬか?』とカップの裏に書いたサインを黄門様の様に見せればいいですよ!」

<シニア向けポーセラーツで気がついた点>
軽い磁器にすること。
小さめの転写紙の方が、やり易い。
細かい作業が苦手な人のために転写紙は、ひとつずつ切って薄紙を剥がしておく。
シニアの方も可愛いデザインがお好み。
和柄のデザインは意外と人気が無い(笑)
転写紙を選ぶ時間と会話を大事すること。
転写紙の裏表を間違えやすいので注意。
一度に水につけないで、ひとつずつ。
転写紙と磁器の間の空気と水を抜く作業は、手だけでもできる。

今回ポーセラーツをやりたい方が急に増え、
今週も写真を撮る余裕無し。
気がついたら終わってました(笑)

要介護のシニア向け講習会を通して、
優しい説明の仕方、やる気を起こす動機づけの重要性を感じました。
ハンディがあっても、やれる事をいかして作品を作れば
自信につながります。
ポーセラーツは、完成度が高いので
喜ばれる姿を目の前にし、
ボランティアをお引き受けして良かったなぁ~と思いましたscissors

| | コメント (6)

お手軽フォー・ガー♪

お昼にベトナムの「フォー・ガー」を作りました。

P1010709_2
ガーというのは、鶏肉のこと。もし牛肉のフォーならフォー・ボー。
タイのセンレック(3mmの厚さ)の米粉の麺は、ぬるま湯で戻してから使いました。

P1010710
スープは鶏肉と味覇(ウェイパー)を使って簡単に、
ヌクマム(ナンプラー)とお醤油を少し入れて味を調え、
トッピングは、ライムの代わりにレモン、玉葱のスライス、ゆで卵、鶏肉、空芯菜(茹でたもの)、ねぎ、パクチー。


フォー・ガーはあっさりしていて食べやすい。
透き通ったスープが効いているところは、さしずめ関西風。

お義母さんは、ラーメンが好きじゃないけれど、
フォー・ガーはお好きなようですscissors
地元の有名なラーメン屋さん(魚系スープ)に行った時、
ガンとしてラーメンを注文しないで、
餃子を食べた人です。
ラーメンは体に悪いと思っている節があります。

| | コメント (4)

アザミのお皿(5)♪

久しぶりの雨のお陰で庭の草木も嬉しげ。
私もほっとしています。
水やりくらいじゃ、土の深くまでいきわたりませんものね。

この暑かった夏のお陰でしょうか、
ここ何年もupし続けた体重が、二十年ほど前までの体重に減ってきました。
一過性ではありませんように・・・

ハーブのお皿の5枚目は「アザミ」です。
アザミも漢方にも使われるハーブなんですね。
花言葉は「自立心」
刺で、独り立ちできますね(笑)

アザミには刺があるので好まれませんが、
花はふわふわで柔らかい色ですね。

P1010690

Cirsium

  • キク科アザミ属
  • 用途 漢方、お茶、料理、薬酒、草木染

| | コメント (2)

シニアポーセラーツ体験♪

お義母さんがお世話になっている
デーサービスの趣味活動の時間に
「ポーセラーツ」を講習会をする事になりました。
  ポーセラーツをやるきっかけ→ 

午前・午後の2回。

はじめは、「ポーセラーツは何ぞや?」、
どうやるのか不安そうでしたが、
やり始めると、ワイワイと楽しみながら
あっという間に出来上がりました。
最後にカップの底に、筆で自分のサインをして頂いて完成shine

P1010706

「ポーセラーツ」は、絵心がない方でも
短時間で手軽に立派な作品ができ、
転写紙のデザインの配置によって
自分だけの作品ができます。

シニアの方々に、作品を作る喜びを感じて下されば大成功です。

男性の方好みの転写紙が少ないかなと思っていましたが、
そんな事もなく、楽しそうに転写紙を選んで下さってました。
「奥さんにプレゼントしよう」と言っている方や
「自分用だよ」と言う方も(笑)

目のご不自由方も、素敵なカップができました。
スタッフさんが絵の模様を説明されると果物の転写紙を選ばれました。
ひとつずつ手探りで完成されました。
私は目のお悪い方が参加される事など想像もしてなかったので
感動しましたweep
スタッフさんの優しさと心配りにも感動しました。

転写紙の寄付も頂いたので、たくさんの種類を用意することができました。
皆さんの好みや配置の仕方で
同じカップはありません。

来週も、あります。
今度は、もう少し余裕を持ってご指導できたらなぁ~と思います。
(写真をとる余裕もありませんでしたcoldsweats01

| | コメント (13)

フランスのお土産♪

妹家族がパリ、ニース旅行airplane
お土産を持ってきてくれました。

P1010700_3

シラスウナギ(鰻の稚魚)のオリーブ漬け
これは、私の大好物。
そのままでも美味しいけれど、パスタに入れよう~

シマシマのパスタはイカ墨入り
これでパスタ作ったら面白いよね!
ちょっと毒へび模様みたい?

日本だと高価な「ドライボルチーニ」のきのこを頼んでいた。
ソースや、シチューに入れてみよう~
妹に、「ボルチーニ」って全く通じなくて、フランス語で「セップ」と言うのだねと言われた。
そうだった、そうだった!

P1010702 ホテルは、ラデュレの前だったらしい。(いいなぁ~)
可愛いピンクのラデュレの箱に入っていたのは、
プラムのコンフィチュール(フフフlovely

リプトンの「柑橘系・ライム、オレンジ、グレープフルーツ)のフレーバーティ。
ル・シュクル先生のキャラメルテイームースには、フランスのリプトンの「キャラメルティー」が必須。それを頼んでいたのだけど、こちらの方がお好みだろうと姪っ子が気をまわし、こっちのティーを買ってきてくれちゃった。
こちらも嬉しいよ。
どうもありがとねlovely

| | コメント (4)

ヤグルマギクのお皿(4)♪

ハーブシリーズの4枚目は、
私の名前 Bleuet(仏名) 、ヤグルマギクを描きました。

P1010688

花が矢車の様な形をしています。

マリーアントワネットが好んだ花。
ツタンカーメンのお墓に妻が飾ってあった花。
私が、陶磁器絵付けで最初に描いた花。

青色は酸性に弱いのでリムに青色、内側にピンク色のヤグルマギクを描いています。

Cornflower

  • キク科
  • 原産地 ヨーロッパ、アジア
  • 30~100cm
  • 用途 茶葉、 サラダ、お菓子、化粧水、 ポプリ

| | コメント (4)

8月末の庭♪

毎日暑いので水やりと花がら摘みと伸びきったところをとる程度だけ・・・
庭に出ると、蚊に刺されてしまいます。
denimの上からでも容赦なく・・・
で、ちょっと荒れ気味の最近の庭です。

2度目のクレマチスを楽しんだので、秋にまた咲くように強剪定しました。
咲くかな?

P1010680

フロリダ系ショックウェーブの黄色のバラが、次々咲いています。
朝のバラの黄色にはっとします。
今日もがんばろうって!

P1010670

ガレージのコンクリートの間のセダムが夏の暑さにも負けず頑張ってます。

庭のジャスミン成長していますが、緑のカーテンの様にはまだまだ。

P1010681

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »