« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

原種チューリップ♪

今日は暑かったsun 私は、タンクトップ。お義母さんは長袖にウールのカーディガンcoldsweats02
見ているだけで汗が出てきますsweat01


原種チューリップの茎が面白いように伸びるので、花瓶に生けてみました。
夕方になると花びらが閉じるので、一日の中の変化も楽しめます。

002_2


012「トキワマンサク」の花が満開です~。若い葉も赤くて華やかです。

010
シダの芽もクルクルっとして可愛いね~

008_2
「アジュガ」の花が咲き始めました。この色の紫色何とも言えない上品さ。
後ろの「ルブス」がどんどん地を這って伸びて行きます。

016
日陰で「シャガ」の花がひっそり咲いてます。花は一日で咲き終わるけれど、次々咲いてくれます。

011

やっぱりチューリップ「ケープランドギフト」、魅力的~。見とれてしまう。牡丹みたいだわ~。

| | コメント (4)

ダオルン先生のタイ家庭料理教室(12)♪

ダオルン先生のタイ家庭料理レッスンの日でした。
いつもの元気なダオルン先生です。
先生はいつもテンションupup
今日のメニューも盛りだくさんでした。

014_2

CNNの調査で世界で一番美味しい食べ物TOP50
1位だった
「ゲーンマッサンマンガイ」。
TVで放送された時、「このカレー、ダオルン先生に教えてもらいたいな~」と思っていたので気持ちが通じた!
ちょっと甘めなので、外国人うけするのだろうね。
ちなみに8位にトムヤムクン、19位にムーナムトック、46位にソムタムがランクインとタイ料理が沢山ランクインしてました。

「豚皮付き三枚肉のトムヤムクン味のスープ」
豚皮は初めて食べました。コリコリしてるのかと思ったけれど、柔らかかったです。優しいトムヤムクンの味。

012_2

「春キャベツと春雨の炒め物」
季節の春キャベツがたっぷり、青とうがらしもたっぷり入って、食が進みます。
オカズに作ろうっと。バジルの葉cloverが入っているのも忘れちゃいけないポイント。
010_3

「タイ風揚げギョウザ」
レッドカレーペーストやバイマックルー(こぶみかんの葉)が入っているので、もう日本や中華の餃子ではありません。タレなしでもOK。油で揚げないで、焼いているのでカロリー減。激辛唐辛子、もち粉入りのタイのソーセージも焼いてくださいました。ピリッとして美味しかったです。

このうなぎの骨みたいなのは、さて何でしょう?
009


竹の中にいる虫・・・「竹虫」
見た目がね・・・(笑)
油で揚げてあったし、乾き物だったので勇気をだして食べました。
いりこの味がしてサクサクとしてました。
私以外誰も食べなかった・・・coldsweats01

ドリアンのお菓子や、ココナッツ味のキャラメル?っぽいお菓子も頂いたり、タイ語の発音を教えて貰って、タイな一日でした。

| | コメント (4)

陽気に誘われて♪

パンジーの下に植え込んだチューリップは、「ケープランドギフト」でした。
白と赤の牡丹の様な八重咲きでした。すごくゴージャス。
006昨日の陽気で、春の喜びをあらわし一気に咲きました。
待ったかいがありました。

007


008_2


原種のチューリップ「チンカ」は小ぶりの赤かった花弁が陽気で大胆に広がって咲きました。中は黄色。閉じている時の方が可愛かったな~。


010_2

常緑クレマチス「アーリーセンセーション」の白い花が咲きました。今年植えて見たけれど、楚々としていいな。

003
昨年堀りあげなかったけれど、チューリップ「イエロークラウン」今年もフリフリ咲いてくれました。数も減ったし、若干小さくなったかな。

娘はお昼働いているので、時間が無い。結局私が引越しに必要な物を買いに走ることに。家を出ていくと決めた娘、「ほっておこう~」なんて思ってましたが、振り回されています。やっぱり可愛い娘。私だったらして欲しいと思う事をやってあげたいし・・・
すると夫に「やり過ぎだよ」。
そんな慌ただしい毎日run・・・友達にトンチンカンなメールを送信して、 punchのメールをもらいました(笑)陽気のせいかな・・・

| | コメント (0)

合羽橋へ♪

今日は、娘と合羽橋道具街へ買い物に行きました。
チラリとスカイツリーを見てup・・・娘は全く興味示さず・・・coldsweats02

023


日曜日だったので、お休みのお店が多かったけれど、かえって空いていて良かったかも。
一人暮らし用の食器やカトラリー、ランチョンマットなんかをぶらぶらしながらショッピングをしました。
以前にお友達に案内をしてもらったので、効率良くまわれました。
このお皿にはこんな料理がいいね~と楽しいup~楽しい~happy01
でももうすぐ、家を出るので腕を組んで買い物も当分できないのね~weep

前回来た時、「染太郎」で有名なもんじゃ焼きを頂きました。
今回は、ネットで下調べをしてから、イタリアンのリストランテ ジャルディーノにしました。
これがshineヒット!浅草の地に不釣合いなイタリアンな一軒家。
021



中庭に天使の噴水があって格子のタイルのテラスに植木鉢、壁一面にアイビーの緑の壁、ここだけ別世界でした。
022_2




4種類の前菜はポテトの冷スープ。ポークのリエット、洋風卵焼き、タイのカルパッチョとベビーリーフ。
フォカッチャと胡麻パン。
014_2


メインは、娘は貝柱とズッキーニのアラビヤータのパスタ。
019



私は、カジキマグロ、ドライトマト、キャベツ、オリーブの塩味のパスタ。
017

デザートは、チーズケーキとバニラアイスとコーヒー。
020

美味しいし、サービスも雰囲気も良くって、合羽橋に来た時にいいですよ。

| | コメント (2)

花の回診

土が見えて寒々しかった庭に土から芽が出たかと思うと日に日に大きくなってきました。
朝の回診がとっても楽しい季節になってきました。
クレマチスの弦がオベリスクにどんどん絡んでいく様子は、おもしろいね。
弦をオベリスクに無理やり誘導したりして・・・bleah
薔薇もアブラムシが来てないかチェック(-゛-メ)
015
薔薇の蕾みを見つけてドキドキしてきます。


013_2

水仙の「レプリート」今年もオレンジと白のフリル付きのドレスで現れました。
017
ユーフォルビアも宇宙人みたいに咲いています。
001_2
目も覚めるようなアネモネ。元気が出るね。


019_2
冬を越した多肉植物がなぜか紅葉してます。


パンジーの植木鉢にダブルデッカーに植えたチューリップも咲きそうです。待ったかいがあります。

去年秋に植えた球根、どこに何を植えたか忘れて(笑)、何がでてくるかワクワクしてます。

| | コメント (2)

アプリコットのムース♪

アプリコット(杏)のムースを作りました。

006_2
甘酸っぱいムースです。

娘は新しい賃貸マンションに必要なものを買い揃えています。
まず一番最初に買ったのが、お客さん用のお皿でした・・・
友達を呼んでおもてなしをするのが夢だった・・・そうです。

007_2

大皿にどんどんと作って、取り皿で分けたらいいんじゃないの・・・と私は思うのですが、彼女のスタイルがあるのでしょう・・・

私の描いた食器、これも欲しい・・・あれも欲しい・・・と言われると嬉しいcrying
娘に譲るために描いてきたのですもの。
アプリコットのムースのココットも注文されました。
ティーカップ、ポット、お皿・・・
「何でも持って行ってええよん~」
でも小さい台所に入るのかしら?

| | コメント (4)

桜のムース♪

桜も散り始めましたcherryblossom
うちのベランダに桜の花びらが舞い込んできます。

003_2


桜の季節に作りたくなる「桜のムース」ル・シュクル先生のレシピです。
ル・シュクル先生のお菓子は可愛くてホントに美味しいです。
それに、夢がありますよねlovely

スポンジ生地の上にサクランボのムースを入れて、
上にキルシュ入りのゼリーで桜の塩漬けを飾ざりました。

3時のオヤツにお義母さんと頂きました。
お義母さんは、ケーキ屋さんで買ったものだと思ってくれちゃってます。
「私が作ったのよ」と言うと、感心してくれました(去年も同じ会話・・・)
お蔭様で「できる嫁shine」に思われてます(笑)

| | コメント (2)

原種チューリップ♪

昨秋植えて見た原種チューリップ。草丈が短くて、遠慮して咲いている(笑)。花弁の中の色のはっきりしたコントラストが美しいです。横に植えた白いムスカリも可愛い。
今日みたいな雨の日は、花弁を閉じてます。

009_2
原種チューリップの原生地は、中央アジア、地中海沿岸。丈夫で植えっぱなしでよいのが嬉しいね~

002_4
目の覚めるようなブルーのムスカリも庭のあちこちに咲いてます。

012
水仙の「ロキアート」がまず一輪だけ咲きました。

005_2

ホスタが芽を出し始めましたが、勢いがあってこれも美しいね~。
005
翌日にはこんなに成長してました。

004

クレマチス「ペトリエ」が仲間入り。優しい淡いグリーンが爽やか。

| | コメント (0)

家を出ていく♪

「私、家をでて、マンションを買いたいんだけど・・・」
って突然娘に言われたらどうします?

もうショックbombでここ何ヶ月、食欲が失せ、胃が痛い毎日でした。

仕事が遅くなる日が続くと、通勤に大変で疲れる事(パパは通ってますけど・・・)
同僚の一人暮らしが多いこと(友達が・・・とよくあるパターン)
自分はここにいると甘えて自立できない事(甘えてええのに・・・)
家賃を払う位でマンションをローンで買ったほうが資産となる(ローンの、固定資産税、管理費、修繕費、売ろうと思ったとき簡単に売れないよ)
と数々理由を上げてプレゼンしてくれましたが・・・

私と夫と現在マンションを買うことのデメリットを解きましたが、
「一人暮らし(自立)」に対して理解されなかったと思い、
マンション購入に援助も賛同もしてもらえないとわかったので非常に険悪なムード。
「若い女性がマンションを買う」講座を聴きに行ったり、
個人的にファイナンシャルプランナーに相談した結果、
結局は納得してそれは諦めたものの、
会社の家賃援助もあるので賃貸マンションにして家を出ていく事に決めました。

私に頭から反対されると思い、ひとりで物件を決め夫に保証人になってほしいと頼んできました。
会社に近く、セキュリティーのしっかりした、楽器OKの物件を何十軒も探したそうです。
私に事前に相談してくれれば、私の経験と英知をもって住みやすい住環境をアドバイスしたのに・・・
こんな不便な間取り・・・不十分な収納・・・買い物に不便・・・と言いたい事はたっぷり。実際住んでみて経験しないとわからないでしょうね。

ひとりでさっさと決めたことに哀しみが次々から湧いてきました。
子供離れができない親だなと自分でも分かっているけれど、やっぱり悲しい。

・・・・でも思い出してみよう。
私の結婚が決まりすぐ外国に行くと分かった時、母が気絶したという話を後から聞いた時、
「へぇ~」と母親に冷たかった自分を思い出しました。
「お節介で過度の心配症のところが嫌だから、自分は決してこういう母親にはならないでおこう」と反面教師にしていた自分も思い出しました。
自分だって、親から離れたかったのじゃないかい?
母親の気持ちなんて深く考えなかったよね。
こうやって悶々と自問自答して過ごしていました。

しかし、やっと娘の門出を気持ちよく応援してあげようと、気持ちを切り替えられました。
気持ちも整理してブログに書くこともできました。
でもまだふっと自然に涙が出てくるけどね・・・
「外国にいくわけでもないし、日本にいるんだから・・・」と娘に言われました。
そうだよね。
去年の大震災の時、命があるだけで・・・普通の生活が出来るだけで・・・感謝したじゃない。

最近は、新しい生活に必要な物を一緒に買い物したりして楽しいけれど、
どんどん箱が積み上がったいくのを見るとやっぱりさみしい。

ひとつ慰められる事は、体重が激減したこと(笑)
夫は体重も減らず、どっちかというと増加。そんなのんきな夫に腹がたつのでした。

| | コメント (10)

アガパンサスのオーバルのお皿(4)♪

昨日の春の暴風雨大丈夫でしたか?
はじめて聞きました{爆弾低気圧」typhoon
窓と網戸がすっかりきれいになり、
朝の日差しが清々しかったsun

庭のルピナスの根元からぽっきり折れてしまいましたweep
植木鉢がひっくり返ったりしましたが、たいした事ではありませんでした。

アガパンサスの絵付け完成しました。

020



アガパンサスは別名「ムラサキクンシラン(紫君子蘭)」と言うくらい薄紫色の綺麗な色ですが、なんと最近は薄いピンクもあるそうです。
005

食器として使うので、食欲を減退させる濃い紫色はあまり使いたくないので、
ライラックピンクとライラックを使って淡く描きました。

| | コメント (0)

サッチャー 鉄の女の涙♪

サッチャーの映画を観てきました。

夫デニスを亡くしてようやく遺品整理をしながら、マーガレットは遙か昔を振り返りながらストリーは始まります。
雑貨商の娘が、オックスフォード大学に進学し、よき理解者デニスにめぐり逢い結婚し、双子を生み、政治家を目指す。初めての女性下院議員に選ばれ、英国の首相となり、大鉈をふるい「鉄の女」と言われる程大鉈をふるい大不況とフォークランド紛争の栄光と挫折を描いている。

私の知らなかった裏のミセスサッチャーは大変興味深く面白かったshine
しかし、それを認知症を患った彼女の心を通して描く必要があっただろうかとちょっと疑問。
周りの人が彼女の認知症をもてあましているのをみてドン引き。
彼女の幻覚、幻聴によるせん妄も存命の彼女の尊厳を傷つけている。

最初から最後までメリル・ストリープはサッチャー本人にしか見えなかったし、
政治家の彼女、老いていく様も、認知症の姿さえもそれは素晴らしかった。
サッチャーのポリシーと行動力と同時に
メリル・ストリープの迫真の演技力に感動したね。

欲を言えば、幼少の頃やご夫婦の関係や子供との関係、もっとどろどろした政治闘争を掘り下げてほしかったなと思う。(だけど彼女の人生は2時間位じゃ時間が足りないね)

後で調べたら、「マンマミーヤ」の監督さんと同じだった。
全く違う映画だけれど、本当にメリル・ストリープは凄い女優さんだshine

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »