« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の記事

韓国料理の差し入れ♪

韓国のお若いマダムと韓国料理と日本料理のお料理談義で盛り上がりました。
すると思いがけなくお盆に韓国料理を持ってきてくださいました。
チヂミ、チャプチェ、ビビンそうめん、キムチです。私の大好きな料理ばかりheart04
どれも私好みの味で・・・彼女のキムチ(気持ちwink)が嬉しくて・・・
マシッソヨ。

Dscf6372Dscf6373_2

Dscf6376_2                Dscf6375_4

| | コメント (0)

バテイックのワークショップ♪

インドネシアのバティックは、2009年にユネスコの世界無形文化遺産となりました。

Dscf6340
バティックのワークショップがあると言うのでペインテイグなら何でも好きなのでに行ってきました。インドネシア人の講師が来られ、バティックの説明の後、各個人にも布のバティックと木のバテイックをさせてもらいました。
Batikの語源は、
BA: BARIS(インドネシア語)=Line (英語)
TIK: TITIK(インドネシア語)=Dot(英語)
バテイックは、地方(内陸部、海岸部)、王や庶民により柄や色彩が違います。蠟引きを使う方法や、型を使ったスタンプ式や、筆も使った蝋染め方法があります。
内陸部は、色が渋く、海岸部は明るい色を好みます。柄は哲学的な意味を持ち、幾何学模様や花鳥の組み合わせにより様々な模様を作り出します。

バテッィクを作るときのポイントは、第一に「忍耐」第二に「忍耐」第三に「忍耐」と笑わせてくれました。しかし私達の本番は練習無しの一発勝負。
Dscf6348_2

蠟引き「チャンチン」から出てくる熱い蝋で細い線を書くのは、なかなか難しいかった~。躊躇していると、ポタポタ蝋が落ちてくるし、急ぐと蝋が布や木に浸み込まないし、「忍耐」「忍耐」とワイワイと言いながらやってみました。そしてその場で染めまでさせてもら入ました。
すでに書いてあったの鉛筆の下書きに沿ってするので、子供っぽいいまいちの蝶。魚の形のバティックは、鍋敷に使おうっと。

Dscf6379

過去の作品はこちら→☆

| | コメント (2)

メリークリスマス♪

゜・。。・゜゜・。。・゜xmasメリークリスマスxmas゜・。。・゜゜・。。・゜
クリスマスツリーを飾りました。

Dscf6320_2

青いクリスマスライトを見ていると癒されます。
今日起こった事は、明日は過去の出来事。
前向きに進んで行きたいと思います。
というか、あまり反省しなくなったというか、気にならなくなったというか。

| | コメント (2)

お気に入り化粧ポーチ♪

お友達マダムお手製のshine化粧ポーチです。

Dscf6258

周り4面と中の側面にポケットがあり、マチがあるので、収納量があります。
背の高い化粧水のボトルやら、化粧品、小物が取り出しやすく整理しやすいので重宝してます。
黒地に、ピンクのリボン、ハート、真珠と可愛い柄heart04同じ柄のジュエリー袋とメガネ入れもあります。
作るのには複雑な作りでありながら、縫製の正確さ、美しい仕上がりで、マダム尊敬しちゃいます。
鏡の前に座るとheart02ハッピーな気分になる私のお気に入りです。

| | コメント (0)

アプリコットヨーグルトムース♪

デザートを教えてほしいと若いrunに頼まれました。
アプリコットがあったのでムースを一緒に作ってみました。
お料理は上手なのですが、birthdayが不得手らしいです。
レシピを簡単にしてやってみました。

Dscf6247
次は一人でできるかな?

Dscf6253

| | コメント (0)

50度洗いの花♪

頂く花がすぐ元気がなくなるので、野菜の「50度洗い」を思いだし花でやってみました。
その効果にびっくりしました。
50度Cのお湯につけると、ヒートショックという現象によって葉っぱの表面の気孔が開き、細胞に水分を取り込むことができるためみずみずしく蘇るという。50度の温度である程度の雑菌はなくなるし、栄養価も変わらないらしい。お花なので栄養は関係ないけれど。
沸騰しているお湯と常温水を同量で混ぜると大体50度Cになります。

Dscf6180

最近慣れないコートでテニスをした後、
腰がやばいぞと思っていたら、すぐに腰痛で歩けなくなってしまいました。
「私もそろそろお年頃だわ」sad

私は50度Cのお風呂に入るわけにはいかないので、
昔夫が使ったコルセットを付け、ナボリンEB錠(エーザイ)を飲んで安静にしてたら、1日で回復してしまいました。
「私、まだまだ回復力を持っているんだわ」とニンマリ。

| | コメント (6)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »