« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

バンコク(7)ベトナム料理

バンコクでは、暇だから考える事は次何を食べようか?
つい朝食ブッフェで食べすぎるので、お昼は軽くて、低カロリーのものにしたいと言えば、ベトナム料理。
バンコクには立派なベトナム料理店もあるけれど、買い物に出かけた大きなショッピングモールのフードコートでは、必ずベトナム料理が食べられる。

Dscf7879ここは、サイヤムパラゴンのフードコート。
フォーガー(鶏肉のフォー)には、バンコクでは魚のつみれとエビが入っている。
大好きなパクチーが入ってないぞ。

Dscf7880_2生春巻きは外せません。

Dscf7910
セントラルワールドの「Red Basket」のセットメニューには、揚げ春巻がついてます。Dscf7911
揚げニンニクもたっぷりのフォーガー。ここにもつみれとエビが入ってました。バンコクでは定番かな。パクチーを追加注文。フォーガーは、どこで食べても美味しかった。

| | コメント (0)

バンコク(6)ディンタイフォンの小龍包

Dscf7854
世界に小龍包の美味しさを知らしめた台湾台北市に本店がある創業30年以上の点心専門店「Din Tai Fung(鼎泰豐=ディンタイフディンタイフォンォン)」。かってNYタイムスの世界10大レスストランにも選ばれています。
娘がその小龍包を本店の台湾まで行って食べた「ディンタイフォン」がホテルの隣のセントラルワールドにもあることを知り行ってきました。日本でも高島屋の中に入っているけど、バンコクだと値段も安いしね。混むので昼一に行ってきました。

注文は、メニューを見ながら、紙にチェックを入れてゆっくりオーダーできるので安心です。

Dscf7860

先ずは、小龍包。皮が丁度良い薄さで中には、美味しいスープがたっぷり入っています。熱くて焼けどしそうにありました。軽くていくらでもいただけそうだけど、他にも食べたい物があるので6個注文。(145B)

Dscf7862                      海老と豚の蒸し餃子

Dscf7857

外せないという有名なチキンスープは、鶏肉がごろごろ入っていて、しかも量が多い。この辺で自分たちのオーダーが多すぎたと後悔し始めた。小さなどんぶりくらいあるわよ。
Dscf7859酸辣湯!美味しい~でも量が多い。

Dscf7856

野菜も取らなきゃと空芯菜炒めを頼んだら、めちゃ旨!どうすればこんなに美味しい空芯菜炒めができるのだろう!Dscf7861

香り揚げ豚のチャーハンはもう一口も食べられず、ホテルにお持ち帰り。
冷えても柔らかくて美味しかった~。

Dscf7858

ジャージャー麺においては、おなかいっぱいのところへ押し込んだ。たっぷりうまみのある椎茸、豚がたっぷり入って美味しかったが、あ~空腹時に落ち着いて食べたかった。

ここのは、小龍包だけでなくどれも美味しかったけれど、量が多いのでびっくり。4人分くらいだったかな。
私達が歳をとって食べられなくなってきたのもあるね。

| | コメント (0)

バンコク(5)コカ

Dscf7926
タイに行くと必ず行くのが「Coca」の絶対タイスキを食べます。ここのタイスキを食べると、若かった自分を思い出す。そして胸がキュンとなる。

Dscf7927今回も、魚のスープとトムヤムクンのスープの2種類のだしにしました。
             

頼んだのは、豚しゃぶ、牡蠣、イカの肉詰め、ホタテ、海老、海老ワンタン、湯葉、空芯菜、キノコ盛り合わせ、しめはおうどん。コカのニンニクとパクシー一杯の甘酢のタレが好きなんだな~。タレが濃いので、スープだしは魚のスープだけでいいかも。

Dscf7925



| | コメント (0)

桜デンブ♪

桜でんぶを作りました。

Dscf8013
鯛を茹でて、ほぐして、FPでつぶして、フライパンに砂糖と食紅を入れてゆっくり炒りました。
1時間炒ってました。
ふわふわの桜でんぶができました。自分でつくると優しい甘さと優しいピンク色です。

| | コメント (0)

バンコク(4)at ease

今回のバンコクでの目的の一つはタイ古式マッサージを受けること。(夫はマッサージに興味が無い)
日本人に聞き込みをするとそれぞれ自分のお気に入りのマッサージ店があるようで・・・
Dscf7865


私は、プロンポン駅の近く(フジスーパーに行く途中)の「at ease 」に最初行ってみました。人気があるので予約した方がいいよとアドバイスをもらっていたけど、飛び入りでもOK。
こじんまりしたお店でした。
日本語のメニューもあるので安心。取り敢えず1時間のコースを選びました。足を洗ってもらってから、ゆったりとした上下の服に着替えて、カーテンを仕切っただけのマッサージルームに移動。快い音楽がかかり、アロマの香り、明かりをおとしてあります。

Dscf7863
足の先から、腕、背中、腰、首、頭まで、そりゃ~気持ち良かった。初めてなので痛いのじゃないかと身構えていたけれど、気が付いたらよだれがたれるほどリラックスしてました。痛い時には顔や声でわかるみたいで、ギリギリ寸止めの心地よい痛さでした。奥にいたおじさん1時間ずーといびきをかいてマッサージを受けてましたよ。

私の肩はものすご~くこっていて、プロに指摘されると嬉しくなります。「わかりますか?すごくこってますよね。そんじゃそこらのコリじゃないですよね~」。

1時間のコースで250バーツ(750円)でした。「at ease」安くて気持ち良くて、お隣の姉妹店の3日後の朝一の予約も入れました。

| | コメント (2)

バンコク(3)ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

最初のランチは、カオマイガイがバンコク一美味しいと有名な「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」。一度は食べねばならぬ!
幸いホテルから近いので歩いていきました。プラトゥーナム交差点から少し歩いたところにあります。

Dscf7848
近くに運河があって、庶民の足の船が所狭しと走っています。

Dscf7844
庶民のご飯ものの定番、蒸し鶏のせご飯です。あっさりしたスープ。鶏肉はふんわりと柔らかくしっとり、ご飯は鶏のスープで炊いてある。甘辛いミソタレがご飯と鶏とベストマッチの美味しさ。やはり一回は食べるべき。本場のカオマンガイ。

Dscf7843

あまり綺麗なお店とは言えない庶民のお店。旨くて、早くて、安い(宣伝みたい)ので繁盛してます。40バーツ(約120円)!とはじぇじぇじぇ!
可愛いピンクのユニホームが目印です。でもウエイターのお姉さんの愛想が悪いワルイ。タイって微笑みの国ちゃうのん?たまたまやったかしらん?

| | コメント (0)

バンコク(2)

センタラグランドホテルの26階のプールは市街が眺められテラスに熱帯植物がありリゾート気分。
自分の水着姿を見せたくないので、イヤ、イヤ自分自身の水着姿を見たくないのでプールテラスの日蔭でスイカジュースを飲んでネットをしながらのんびり。

Dscf7915_5Dscf7923_3

Dscf7918Dscf7916_2

Dscf7919Dscf7849








| | コメント (0)

2013年・バンコク

バンコックへ遊びに行きました。
今回はゆったりした日程にし、歩いて食べてもまれて、歩いて食べてもまれてのバンコクでした。「あまちゃん」は、毎日欠かさず見ましたよ。

先ず空港でしたのは、シムフリーの携帯電話にタイの「true move」のシムカードを買うことでした。なんと200バーツ(600円で450円分の通話料込。ということはシムカード代は150円!)携帯はレストランやマッサージの予約や夫の連絡用。日本の携帯から海外ローミングを使うと高額になってしまいます。ネットは、ホテルのwi-fiを使うとして。
この携帯をもって海外に行けば、ご当地のシムカードを買って入れればすぐに使えます。
日本のガラケー携帯は世界の流れから遅れちゃったね。

Dscf7924
ホテルは、Centara Geand at centaralworld。チットロム駅とサイヤム駅に近く巨大ショッピングセンターのセントラエルワールドの一角にあり、買い物や食事に超便利です。
高層ビルの23階からがホテルになってます。部屋は快適、窓から、バンコク市街が眺め渡せます。階下には、小さな宮殿や、サイヤムパラドン、小さな運河が見えます。

Dscf7838

バスルームが素敵でした。バスタブとガラスのシャワー室は天井からシャワーが流れ、Centara(蓮)をイメージしてものらしいです。

Dscf7836

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »