« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の記事

バンコク・ソープカービング(4)♪

3日目、最後の日です。
「最終日には薔薇が彫りたい」と初日に受付に伝えていた。

すると、昨日お世話になった先生の一人が「この人にはまだ薔薇は無理よ~」ってタイ語でしゃべってる。
私タイ語少しならわかるもんね~wink すかさず「今日がバンコク最後の日だからどうしても薔薇が彫りたい。簡単な薔薇でいいからお願いします」と懇願した。
タイ語わかるの?とぎょっとした顔になり、しょうがないなという雰囲気いっぱいでOKが出た。
ヨッシャー!

今ソープカービングに燃えている私punch

003

綺麗でしょ?
先生の手が半分以上はいってますからhappy02 アハハ
先生のは、スパッと刃が入るので切り口が美しい。
繊細な薄い花びらを彫るのは、大変だ~。
私のは、ためらい傷  がいっぱい。まだ刃の長さやしなり具合がわかってないからね。

絵付けartを始めた頃に先生に「薔薇は300回描いて本物になる」と言われたように、300回薔薇を彫らないとだめかしら・・・

タイ語がもっとわかっていたらもっと細かいポイントが聞けたのにと何度思ったか。

先生方は資格を取るために来ている在留邦人マダムや日本から来てわざわざ1日3コースも取っているマダムには熱心に指導しているし、マダム達も必死。
私は3回だけだし、基礎もやらずに「薔薇だけはやりたい」という厄介なおばさんなので片手間に指導って感じだった。(校長先生は親切丁寧だったがこの日はオフ)

でも、ソープカービングどうやってやるかもわかったし、沢山の作品も鑑賞したし、練習用の石鹸、伊勢丹で本も買いこんだし、しばらくは私のソープカービングフィバーが続きそうlovely

| | コメント (0)

バンコク・ソープカービング(3)♪

2回目のレッスンは「ダリア」。

ネットの動画で何度もイメージトレーニング済み。
しかしネットで見るのと実際やるのとは大違い。
今日も撃沈の連続down

刃をさした時の深さが今一つわからない。
刃の深さが浅いと何度も刃を入れると、切り口が汚くて石鹸の粉がでる。すると先生が刷毛で掃除。
途中刃を深く入れすぎて花びら1枚切れてしまった。すると先生がボンドで接着。
私ったらこんなに不器用だったのかしら・・・down

今日は2時間かかってやっと完成したのがこちら。

006

綺麗でしょ?先生の手が半分以上入ってますからbleah
このダリアの連続的な花の繰り返しが気に入った。

細かいところに入り込んだためらい傷の石鹸のカスに目を近づけて山下清スタイルで取り除く。本当に目と首が疲れたよ~。

この後、タイ古式マッサージに出かけたのであります。

| | コメント (0)

バンコク・ソープカービング(2)♪

説明無しで先生がお手本を示してからやってみるやり方、いきなり実践です。
タイ語はわからないものとしてどんどん進めていきます。先生の何人かは簡単な日本語ができます。「まっすぐ」とか「斜め」とか「大きく」とか「小さい」とか・・・
必死で、目を凝らして先生の手元を見ます。

先生の手にかかるとするするっときれいな花びらが現れます。
簡単そう~。
自分でやってみる。
撃沈coldsweats02の連続。

石鹸はカービング用。柔らかくて粘り気がある。
彫刻刀で彫ると、花びらが立って現れるのが面白い。何の花だろう。菊っぽい。

004

1時間半ばかりで完成。綺麗でしょ?
先生の手が半分以上入ってますから・・・アハハ。

最近は根気が無くなり、老眼で細かいところは見にくいしすぐ肩も凝る。
でもやっぱり新しい事を学ぶことは楽しいshine

続きを読む "バンコク・ソープカービング(2)♪"

| | コメント (0)

バンコク・ソープカービング(1)♪

忙しくてアップできなかったバンコク編 再スタートです。

バンコクに行ったらやってみたかった「タイカービング」。

タイカービングは、スコータイ王期時代(700年前)、野菜や果物に花や鳥などをカービング(彫刻)して、お料理に飾り、王様に差し上げたのが初まりです。 最近では、タイの学校の家庭科授業に組み込まれるほど生活に浸透した伝統工芸です。

薔薇のカービングに魅せられ石鹸の方のレッスンを受けてきました。

日本人が多いのはMalisa,Kaidee, Thai Art and Culture Center,Voice Hobby Club,まほっち等のカービング教室です。いろいろ調べてみるとそれぞれどこも良さそうでしたが、予約の調整がちょうどマッチした マリサにしました。

027

ナナ駅から歩いて5分くらい。この建物の2階にあります。

028_2

ナント、日本語の看板ですよ!

現地の邦人マダムや日本から習いにやってくる日本人マダムや私の様な旅行者が多いので、あらかじめネットで3日間予約しておいて正解。

最初は野菜カービングからですが、厚かましく石鹸からお願いしてみました。すると初回は彫刻刀からだと言われその時はガッカリ。タイのカービングナイフでやりたかったのにと思いましたが、結果的には手軽な彫刻刀も習えて良かったです。

最初はナイフや彫刻刀は貸してもらます。

007
左の黄色はコムコムのカービングナイフ初心者用は伊勢丹の台所用品売り場で購入(100バーツくらい)

隣の赤いのは、教室で購入した、細くて繊細でしなるステンレス製のカービングナイフ(600バーツ) いろいろな色の柄があります。

右側の彫刻刀6本は教室で授業料の中に含まれていた。すぐに壊れそうなちゃちな造り・・・でも右側の端のなみなみの刃は、いい仕事をしてくれる。

受付の傍には、沢山の凝ったデザインの作品がいっぱいだけど撮影禁止。
念願のカービングが始まります。
 

 

| | コメント (0)

バンコク・コカ♪

バンコクに来たら、行ってみたかったイーサン料理(タイ東北)で有名な行列のできる「ソムタムヌア」に行くこと。行列が嫌いなタイ人でも並んで食べる有名店。結局時間がなくて行けなかった。

そして相変わらず35年前からバンコクで必ず行くのが「コカ」。
ダオルン先生はタイスキならMK派らしいが、私達はコカ派。
昔はアルミのお鍋に炭火だったが、今は、ステンレス鍋で IHになっている。
だしはトムヤムクン味にして、エビ、帆立、豚スライス、エビワンタン、空芯菜、白菜、ネギ、キノコの盛り合わせ、〆にはうどんを頼みました。
トムヤムクンのだしもさることながら、甘辛のパクチーとニンニクの入ったタレも美味しくて超辛くて汗をかきながら頂きました。

058_2

続きを読む "バンコク・コカ♪"

| | コメント (0)

バンコク・鼎泰豊 ディンタイフォン

バンコクに来たら、次は何を食べようかばかり考えてるbleah
バンコクで外せないのが、「鼎泰豊 ディンタイフフォン 」。

080
セントラルワールドの7階です。セントラルワールドの建物のエレベーターにも広告が・・・
お昼は混むので、開店同時に入りました。

バンコクにまで来てなぜ台湾の小龍包か?と思うけれどとにかく食べたい。美味しい小龍包が食べたい!
013

前回他のをオーダーし過ぎお持ち帰りしたので、今回は小龍包を中心にオーダーしました。
スイカジュースも外せない。

015

020
噛むと熱々の肉汁が飛び出してくるので、一度スプーンの中で穴をあけて少し肉汁を出してから一度に口に入れます。いやん~もう美味しいわ~。 

017
揚げエビワンタンも間違いない。

019ジャージャー麺もまた頼んじゃった。

016_2
空芯菜がこの店にはないのでホウレンソのにんにく炒めも外せない。さっと炒めたホウレンソウはしゃっきとして家では絶対できない美味しさ。

一皿が大きいのでこの4皿で私達お腹いっぱいになった。食べたいのに食べられなくなった悲しさよ。

| | コメント (0)

バンコク・携帯電話ネット編♪

空港で電話用にと日本円で150円分の電話料込みsimを買って、後はホテルのwifiを使うつもりだった私達。
どころがホテルではiphone とipadの画面上に、「ホテルのwifiを使うには1日500バーツ(1500円)」と出てくる。
ウソー!フリーじゃないの?4日間にネット代に6000円払うのなんてまっぴらだわ!
そういえばフロントでwifiは使える出れど、無料とは言われなかったなと。いまどき一流ホテルでwifi有料だなんて・・・

それで翌日、ホテルに隣接しているセントラルワールドにある「TrueMove」に直行。
窓口のお姉さんに3日間ネットが使えるsimが欲しいと伝えるとすぐに案内してくれて、109バーツ(330円)払って、すぐ設定もしてくれた。ウソー!なんて安いの!

ところが、お店をでてすぐヤフーを開けようとすると、「ネットに繋がっていません」の表示が・・・
ウソー!ナンデヤネン!

再びお店に入り、「さっきsim入れてもらったけど、通じないんですけど・・・」と言うと、この日本人らしき通信関係にうとそうな哀れな夫婦には説明してもわからないだろうと思われて、ATMみたいな機械の前まで連れて行かれ、
「199バーツ(600円)!」と言うと機械にさっさと情報を打ち込んでくれた。その時持ち合わせの小銭が198バーツしかなく、お兄さんが自分のポケットから何も言わずそっと1バーツ入れてくれた!lovely
なんて親切!

それであっという間にネットが通じたのよcoldsweats01つまり109バーツは、ネット用のシムだけで、通信料は自分で機械でチャージするシステムになっていたのだ。199バーツは、1か月有効だって!
なんて安いの!

それで気をよくしてホテルに戻って、ネットをしようとしたら再び「ネットに通じない」の表示が・・・bearing
ウソー、ナンデヤネン!今さっきまでネットできてたのに・・・

それでホテルを出てまた「TrueMove」の店前まで行くとネットが通じる。
ナンデヤネン!

flair あっそうか~ホテルが他の携帯会社のネットを使わせないようにブロックしてるんだな!pout

ホテルのフロントに直行。「angry携帯が通じないんですけど、ブロックしてますか?」と言うと、「いいえ、お客様の部屋番号は?お客様はwifi無料となってますが」
ウソー!「画面上に1日500バーツで同意して下さいと出てきますが・・・」
「そのまま同意して続けてください」
「それ最初から説明しててよ~」

それで部屋では、フリーのwifiは使えるようになった。(しかしTrueMoveのネットはホテル内ではやはり使えなかった。)

081
上が通話用に買ったsim,下のが通話とネット3Gのsimが入っている。

空港で最初から通話とネット用のsimにしておけばよかった。メール、検索、マップ、翻訳機能を使っても低額のsimで充分。(後はホテルのwifi利用)

SIMのアクティベーション、インターネットプランの申し込み、APNの設定全部やってもらっちゃった。しかも低額。足らなかったら追加でき便利。

あちこち振り回されたけど、タイ人に助けられた。これも旅の面白さ。

(注)simフリーの端末が必要です。

| | コメント (0)

バンコク・カオマンカイ♪

ホテルでチェックイン下から、朝ご飯に行ったところは、前回も行ったカオマンカイの老舗「ラーン・カイトーン・プラトゥーナーム」。家族連れ、サラリーマン、観光客とひっきりなしに来るので、開いているテーブルを見つけて素早く座る。

009

ピンクの揃いのユニホームを着たお店の人の愛想は無いが、やはりカオマイカイは美味しいわwink
お皿はメラニン?だし、スプーンとフォークはアルミ。スープには具もネギもパクチーも浮いてない。でもしっとりした鶏肉とスープで炊いたタイライス、あっさりしたチキンスープ、辛いタレ。これで40バーツ(120円くらい)。
 

007

路上の屋台のご飯を食べる勇気は無いけれど、ここなら安心して食べられる。そしてローカルな雰囲気も味わえる。

続きを読む "バンコク・カオマンカイ♪"

| | コメント (0)

バンコク・携帯電話事情♪

サワディッカーsunタイのバンコクから帰ってきました。

1、2月前までは、バンコクも戒厳令がでて物騒でしたが、今はもとのバンコクに戻っています。
スワンナプーム空港に到着しすぐやることは、携帯電話のプリペイドカードを買う事。
前回と同様に空港出口にある「TrueMove」に直行。前回シムカードのチャージした分は多分期限切だろうので、2人分のプリペイドカードを購入すること。
しかし一応1年前の電話番号まで無効になってないかと疑い調べてもらいました。すると無効になってました。
4日間の滞在と言うと50バーツ(150円)払ってと新しいシムカードと通話量50バーツ分、夫と私の分2枚を買いました。夫とは別行動するので携帯は2台必要。なんと安くて便利なんでしょう。日本もこのくらいしないと海外からの観光客に評価されませんよ~。

そのほかにもAIS や DTACがあります。いずれもsimフリーの携帯電話が必要です。simを買うとその場でちゃちゃっと設定してくれます。親切~。

065
タクシーは1階に下りて、タクシー乗り場で紹介してもらうと安全です。紹介料は50バーツ。市内のホテルまでチップを入れて400バーツです。さっそくタイ語の実践です。運転手さんも陽気でおしゃべりであっという間30分でホテルにつきました。

ホテルは前回同様に「センタラグランドホテル」にしました。チットロム駅とサイヤム駅の間で、伊勢丹の上の高層ホテルです。ここを選ぶのは買い物と食事が便利だから。

 

012

005

今回は運河が見える部屋でした。
後にホテルのwifiにまつわる我々ドタバタを話しますね。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »