« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の記事

その後の父♪

029

001

うちの庭はバラに向いてないのか、私の愛情不足なのか、あまり咲いてくれません。実際世話してません・・・鉢植えのバラは去年全部処分。地植えのバラ2輪だけ咲いてくれました。

父の入院で一時は覚悟をした私達姉妹。肺に水が溜まっていて、肺の3分の2は機能してないのですが、できる治療は終わり退院し、今老健に入ってリハビリをしてます。(長い間はいられません)
しっかりしていた父は入院3日目で認知症の症状が出てきました。
すごく気丈で頑固だった父が、妹に「今まで親として何にもしてあげられなかった」と言って、顔を覆い大泣きしたそうです。私達は少しも思ったことはありませんけど・・・。自分の命が短いと悟って言いたかった言葉だったのでしょう。驚きました。弱気など見せたことの無い父だからです。涙もろいけれど、自分の間違いは決して認めず、父の誕生日や父の日にプレゼントすると、「有難う」の代わりに「もうそんなことせんといて。」というような人でした。

父が施設にいる間、両親の住んでいたエリアの断捨離と掃除続いてます。
私達姉妹、文句言いながら、突っ込みながら、呆れながら、笑いに変えてやってます。そう笑わないとやってられません。捨てた袋はもう100袋くらいにはなったでしょうね。鍋屋か?お盆屋?洗剤屋?爪切り長者にハサミ長者?はたまた処方箋された薬が色んなところから大量に出てくる、出てくる。両親二人共随分前から認知症始まってたのかな~。

母が認知症だとわかった時、なかなかその現実が受け入れなかった父。父にちょっと意地悪な質問をしました。「お父さん、もし認知症になったら、言ってほしい?それとも言わないで欲しい?」。すごく時間をおいて、「人間そんなにすぐに認知症にならへんわ」。(イヤイヤその症状でてますけど・・・)
しつこく聞いてみたら、「・・・言ってほしい・・・」と小さく言ったように聞こえましたが、しかし父はその質問に答えなかったと妹は言いました。同じ場所にいたのに全く違う聞き取りでした。。。
母は、私達姉妹は母の姉妹ということになってますcoldsweats01 そして時々私の名前を忘れますdespair
義母は、夫や自分の娘(私の亡き義父と小姑)のことは忘れてますが嫁の私はわかってくれてます。嬉しさと優越感。

| | コメント (0)

今年のクレマチス♪

最初に咲いた大輪のクレマチス。

001_2


033            白万重は、変化していきます。↓

004丸くって可愛いです。



005




035


034
フロリダ系フォンドメモリーズとビチセラ系え音ワールバイオレット
切り戻しに失敗し、高い所にしか咲きませんでした・・・

| | コメント (0)

芍薬♪

009
今年は芍薬が虫にも負けず咲きました。嬉しい!
庭が華やかです。
芍薬と牡丹の花はすごく似ていますが、芍薬は草なんですが、牡丹は木なんですね。
芍薬の葉はツヤツヤ、牡丹の葉はツヤ無し、ギザギザ。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というのは、芍薬はスキッと縦に伸び、牡丹は枝分かれして横に広がる姿は美しいからきたそうですよ。

008

| | コメント (0)

庭の花(2)

父は退院しますが、しばらく老健に入ります。入院する前は、歩いていましたし、頭もしっかりしてましたが、今は歩けなくなりましたし、認知症もすすんでいます。

両親の家の整理と掃除まだまだかかりそうです。妹は、「こうやって親は老後を子どもに教えてくれるんやね」と言いました。私達姉妹はかなりの断捨離とお掃除大好き人間なのですが、それでも考えさせられます。歳を重ねると、意に反して身体も頭もやる気も衰えてくるのが自然なのですね。

気温が上がってきて気がつくと庭は一面に色々咲いています。(雑草も含めcoldsweats01

002
いつも蕾の段階で虫に食べられていたのですが、今年は芍薬楽しめそうです。

027アジュガが満開です。

001
庭にあちこち咲いている色とりどりのクロッカスは、もう咲き終わりです。

| | コメント (0)

庭の花(1)♪

これも魅力的な「レッドブラッド」

004001

原種のチューリップは、掘り起こさなくても植えっぱなしで毎年咲きます。

006


005_3
あちこちポコポコとムスカリが咲いてます。

007_2
年を越したイベリス。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »