« サンタクルス墓地 | トップページ | 八百屋さん通り(1) »

進むも地獄、戻るも地獄

夫が、ディリから南50キロのアイレウの町へドライブしようと提案。
標高1000mなので、長袖も用意してます。
去年途中まで行って道路が悪かったのを覚えてます。

172


こんなこころでもグーグルマップ作動して、すごいね~なんて感心してたら、
どんどん悪路に。この道でいいの?

176

突然グーグルマップは突然に道なき道を示しています。
衛星のトラブル?こんな時に・・・
道は1台だけ通る狭い道幅になり、道は、あなぼこだらけ、所々崖崩れがあり道幅がせまくなったり、
砂煙の舞う道路。
周りはジャングルみたい・・・
「道、おかしいからもどろうよ」
「行くも地獄、戻るも地獄・・・だから進もう。」って・・・。
へぇ~~~sad


あれ?この感じ・・・トンガでも同じことあったな~ →☆トンガで遭難か?

とは言っても頼れるのはグーグルマップ。
人に尋ねようにも、人がいません。

やっと小さな村で出会った学校帰りの子ども達に聞いてみました。
親切だなぁと思い、指差した方へ言ったら、何と行き止まりcrying
偶然小さなお店のお兄さんがなんと英語がわかり、道を教えてくれました。
英語がわかる人にあたるなんて奇跡!

結局アイレウの町には行かれませんでした。
だって早く戻ってヴィラのおトイレに行きたかったから。
もたもたしているうちに、時間がかかり過ぎました。
帰り道がロディオにのってるみたいな悪路に堪えましたcrying


183

乗合バスです。
アスファルトの道路に戻ってきました。

ヴィラへ戻ってきたら、ダカールラリーで走ったみたいに
車は埃まみれで、バンパーに砂がこんもり積もってました。
夫も悪路の運転で、横に私が乗ってて、さぞ疲れたことでしょう。

|

« サンタクルス墓地 | トップページ | 八百屋さん通り(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンタクルス墓地 | トップページ | 八百屋さん通り(1) »