バンコック♪

バンコク2015(6)

バンコクの記事が1個残っていたので、アップしました。(気がつくの遅すぎcoldsweats01

2日目の夕方も、at ease に行って、1時間フットマッサージを受けました。
3日目の午前中は、ネットでスパ「バニラ」に申し込んでいました。
アロマオイルマッサージとフェイシャルトリートメント2時間です。

087

アロマは5種類の中から選べます。私達レモングラスのさわやかなアロマをチョイスしました。
娘は何を施術したかわからないくらいリラックスして寝てしまっていたそうです。
ここは、日本人が多いみたいで受付の人も日本語上手でした。プロンポン駅から近く、清潔だし(ここ大事)、施術も上手だしおすすめです。
効果ですって?もちろん綺麗になってるはず・・・きっと。

| | コメント (0)

バンコク2015(6)

030
タイのマクドナルドのおじさんも「サワデッィカー」
117

タイのスーパーには、お菓子がいっぱい。
お土産用にトムヤムクン味プリッツ、マンゴ味のコアラのマーチ、マンゴ味のポッキー、タイの味の板海苔(これは本当に美味しい!)、カレーペースト、ココナツパウダー、ココナツチップ、ライスクラッカー、パンプキンシード、チョコレートのかかったドライマンゴ(Proudのが上品で美味しい!), クノールのトムヤムクンコンソメ。

ターミナル21で、セルカレンズ[クリップレンズ)も購入。日本の方が安いかもしれないけれど、娘と自撮りのため購入。小さくてバックに入るし、魚眼レンズとミクロレンズもついていて簡単に装着できるので便利です。

010
これは友達からの頂き物のタイのOPOT(一村一品運動)のシルクと蜂蜜入りソープ。美容効果抜群らしい。

| | コメント (0)

バンコク2015(5)♪

2日目の夜は、セントラルワールドの7階の「ディンタイフォン」です。

078
娘は台湾の本店でここの小龍包を食べていますが、まあバンコクのもどうぞと言う事で・・・
夕方になると行列ができるので、早めに行きました。メニュー表に記入して待っているとほどなく座れました。
081まずは小龍包。そのあとにニガウリの小龍包も注文。
079ホウレンソウのガーリックソテーとワンタンスープときくらげの酢の物。

3日目の夜もセントラルワールドの7階のタイ料理
121
タイ舞踊を見てタイ料理の食べられる「Naj」にしたかったけれど、夕方には二人とも歩き疲れて近場で食事。

120グリーンカレーと揚げたナン。この組み合わせもいける。
揚げ豆腐と青パパイヤのソムタム。ソムタムはいろんな種類があるので選ぶのも楽しい。

タイ料理は、辛くて酸っぱくて、甘い。軽いのがいいね。

| | コメント (0)

バンコク2015(4)

041
センタラグランド28階から見た朝明けです。

085伊勢丹の前の広場のヒンズー教の神様が祭ってあります。

115伊勢丹からBigCをつなぐ歩道橋から。

毎日夕方、BigCに行ってお菓子や果物を買い物。何でも揃っていて安くて便利で羨ましい!






| | コメント (0)

バンコク2015 (3)タイクッキングスクール編

2日の午前中は、ネットでSiam Thai cooking School  に申し込んでいました。
市場に連れて行ってくれること、メニューが多く、リーズナブルな値段(1000バーツ≠3200円)なのでここを選びました。
火曜日Aメニューは「トムヤムクン」「トートマンプラー」「レッドカレー」「パッタイ」「カートナオマニュアン」でした。いずれもダオルン先生から以前習ったことがありますが、今回は娘と一緒だから楽しみにしてました。

ネットで申し込むと詳しいメールがきました。
市内からタクシーの乗り方、タイ語の行き方のメモ、交通渋滞なので早めの出発、相場の値段、必ずメータータクシーに乗ること、タクシーのドライバーと値段交渉しないこと等細かく注意点が書いてありました。・・・ということは、外国人が今までトラブルにあったからでしょうね。

051

集合場所には20人くらい待っていました。そんなに多いの?と思っていたら先生が名前を呼んで1台ずつツクツクに振り分けてローカルな市場に連れて行ってくれました。ほかの人たちは、違う市場で別の教室でした。私達のグループは香港から4人、マレーシアから2人、メキシコから2人私達10人でした。先生が、果物、野菜、麺、カレーペースト、ココナツ、肉や、魚やと次々移動して説明してくれます。一人1つ籠をもたされ、先生が買った物を籠に入れてくれます。子供が一人参加していたのですが、子供にはデコレーション用のお花、私は「卵」でした。「責任重大だ」と言って。私が一番しっかりしてそうに見えた?イヤイヤ一番超年配だったから(笑)
056
タイ米、野菜、カレーペーストの説明
ココナツからココナツミルクやタイマリンドソースも作りました。

061
一人ひとり自分の分を作ります。 トムヤムクン

059
一人ずつガスコンロがあります。

063

一人分のパッタイの材料。卵入れが超可愛いの。

064


美味しかったパッタイ。この2品目でもうお腹がいっぱいになる。
068
トートマンプラー(魚のすり身揚げ)
甘いソースと、パクチーと人参と一緒に

070レッドチリを石臼でペーストにしてレッドカレーペーストを作っているところ

076

ジャスミンライスとレッドカレー
074
マンゴと糯米

外国人が多いので慣れているので、写真撮りタイムがあったり、わかりやすい英語で説明してくれるので楽しい。ココナツミルク絞り体験もあるし、一人ずつ全行程をつくるので達成感がある。ここのスクールもおすすめ。

香港からのお子ちゃま連れのご夫婦。ご主人が子供の世話はするは、家族の写真を一挙一動大きな一眼レフで撮りまくるは、子供が飽きてから料理は作るはと、大活躍。もうびっくりポンでした。

| | コメント (0)

バンコク2015(2)

一日目のランチは、セントラルワールド6階で軽くランチ

028
      お豆腐入りの生春様(ピーナッツソース)

029

スイカジュース、青パパイヤのソムタム、空芯菜の炒め物

夜はこれまたセントラルワールド6階のいつもの「コカ」でタイスキ

039     トムヤンクンと魚スープの2種類の鍋
私はトムヤムクンスープが好み。

040青梗菜、きくらげ、イカのすり身団子、セロリ、ベビーコーン


037_4豚肉、魚、エビ、エビ、空芯菜、エビワンタン、春雨、エリンギ、エノキ、シイタケ、白きくらげ、空芯菜

娘と一緒なのでカロリー少な目、野菜、キノコ中心で選んだけれど、たくさん選び過ぎお腹がいっぱい。私はコカのつけだれが好き!
タイに来たら「MK」か「コカ」のタイスキは、美味しいし、メニューも選びやすく外れなしなのでおすすめ。



 

| | コメント (0)

娘とバンコク2015(1)

年末、娘と私、それぞれ別便でバンコク国際空港の荷物受取り番所で待ち合わせ。
3泊4日娘とバンコクで羽をのばすのよup念願の二人だけの旅行lovely

先にバンコクに着いた娘は私が着くまでの2時間空港内2時間無料のwifiを使って待っていてくれた。
空港内ですぐに「trumove」でtuorist sim(7日間299バーツ)を購入し、お店のお兄ちゃんにシムフリーのiphoneに入れてアクティベイトしてもらう。そのへんは慣れたもので日本語表示のスマホでもスイスイ。20バーツの通話料も入っているし、速さも特に遅くない。グーグルマップを使うのに便利。おすすめ!

1階のタクシー乗り場で50バーツの紹介料を払って(マシーンになっていた)タクシーでホテルまで移動。高速道路で30分くらい。ホテルはいつもの「センタラグランドホテル」。BTSチットロムやサイアム駅に近く、セントラルワールドがホテル内から行けるので買い物や食事に便利。伊勢丹もホテルの階下にある。

8時到着でチェックインに早かったけれど部屋が空いていたのでチェックインできましたhappy01
暑くなる前にワットプラケオ、王宮、ワットポーに観光に行きたかったので、ホテルのコンシェルジェに、タクシーかBTSと水上ボートではどっちが良いかと聞くと、タクシーの方が良いと言うので、入口でミータータクシーを呼んでもらった。あらかじめ120バーツくらいときいていたのに500バーツだと言う!しかもすごく混んでいるので2時間かかるという。混んでいるかもしれないが2時間もかかるはずがないし500バーツと外国人の足元をみた態度にムカついて、即刻降りてBTSと水上ボートに変更。結局40分くらいで運賃2人で130バーツくらいで行きました。水上ボート乗り場は外国人でいっぱい。

バンコクは来る度に、交通渋滞がひどくなり、
外国人観光客が増え、
便利になっているが、
タクシーに乗る度に気を張らないといけない。
私は東南アジアはこんなもんだと思っているが、娘はタクシーに乗る度に怒っている。

021                     ワットポーの涅槃像

027                    ワットプラケオ

ワットポーの涅槃像とワットプラケオを、外国人にもまれて見学してから
セントラルワールドにタクシーで戻って軽いランチ。



プロンポン駅下車の「at ease 」で、フットマッサージとタイ古式マッサージをしました。
034_2
ここは日本人に人気があるので電話予約してから行きました。
娘は、ダンスをしているせいかかかとの角質が相当硬くなっていたらしく、30分しゃかしゃかしてもらいつるつるにしてもらいました。ここのタイ古式マッサージは心がこもっていて丁寧で上手。おすすめです。

| | コメント (0)

バンコク・ソンブーンシーフード♪

これが最後のバンコクの話です。

バンコクに絶対行きたかったところ「ソンブーンシーフード」。
ダオルン先生とご主人が「プー・パッ・ポン・カレーと言ったらソンブーンシーフードですよ。カニチャーハンも絶品ですよ」と教えてくださっていたので行きましたよ。

039
ここのレストランはすごく有名だったのですね。お店には小泉首相とか皇室、VIPの写真が写真が載っていました。プー・パッ・ポン・カレーの発祥のお店だそうです。高級店というより庶民的なお店です。
観光ツアーでは定番中の定番の人気店(後で知った)。
待つのが嫌なので予約していきました。
支店もあるようですが、私達はパンタットン本店に行きました。BTSの駅を下車してナショナルスタジアムを廻って歩くと結構あるので、ホテルからタクシーに乗っていきました。
ホテルのドアマンがドライバーに行先を伝えてくれました。そして「ホテルに戻るときはこれをドライバーに見せればいいから」とホテルの名刺にタイ語で書いてくれました。
バンコクではなかなか英語が通じないので気をまわしてくれました。

040_2

「プーパンポンカレー」蟹の卵カレー炒めは普通は殻付きだけれど、私はカニを殻を剥くのが大大大嫌い。sad カニをこよなく愛する夫にいつも「もったいない食べ方だな~」と嫌みを言われる。殻無しのメニューがあると聞いてそれを注文。
いやん~もう美味しいよ~。マイルドなカレー味で蟹の身が甘くて、深い味わいがある。今でも思い出すと涎が出そうになる。

044蟹チャーハンもやはり美味しかった。

072「パット・ファイデーン」空芯菜のにんにく炒め。しゃきとしてあっさりしていて大満足。

043_2
ブログで評判の良かった「オースワン」牡蠣の卵炒め。甘辛いタレで頂くと美味しいけれど、すでに蟹の卵料理を頼んでいるのに、卵炒めを注文したおバカな私達。衣が油こくて残念。

タイでは一皿の量が多いので、沢山の種類を頼めない。この4皿でお腹が苦しくなるほどだ。しかし数時間後にはプーパンポンカレーの余韻にしばらく酔っていた。やはりバンコクに来たらここも外せないお店だね。

| | コメント (0)

バンコク・ソープカービング(4)♪

3日目、最後の日です。
「最終日には薔薇が彫りたい」と初日に受付に伝えていた。

すると、昨日お世話になった先生の一人が「この人にはまだ薔薇は無理よ~」ってタイ語でしゃべってる。
私タイ語少しならわかるもんね~wink すかさず「今日がバンコク最後の日だからどうしても薔薇が彫りたい。簡単な薔薇でいいからお願いします」と懇願した。
タイ語わかるの?とぎょっとした顔になり、しょうがないなという雰囲気いっぱいでOKが出た。
ヨッシャー!

今ソープカービングに燃えている私punch

003

綺麗でしょ?
先生の手が半分以上はいってますからhappy02 アハハ
先生のは、スパッと刃が入るので切り口が美しい。
繊細な薄い花びらを彫るのは、大変だ~。
私のは、ためらい傷  がいっぱい。まだ刃の長さやしなり具合がわかってないからね。

絵付けartを始めた頃に先生に「薔薇は300回描いて本物になる」と言われたように、300回薔薇を彫らないとだめかしら・・・

タイ語がもっとわかっていたらもっと細かいポイントが聞けたのにと何度思ったか。

先生方は資格を取るために来ている在留邦人マダムや日本から来てわざわざ1日3コースも取っているマダムには熱心に指導しているし、マダム達も必死。
私は3回だけだし、基礎もやらずに「薔薇だけはやりたい」という厄介なおばさんなので片手間に指導って感じだった。(校長先生は親切丁寧だったがこの日はオフ)

でも、ソープカービングどうやってやるかもわかったし、沢山の作品も鑑賞したし、練習用の石鹸、伊勢丹で本も買いこんだし、しばらくは私のソープカービングフィバーが続きそうlovely

| | コメント (0)

バンコク・ソープカービング(3)♪

2回目のレッスンは「ダリア」。

ネットの動画で何度もイメージトレーニング済み。
しかしネットで見るのと実際やるのとは大違い。
今日も撃沈の連続down

刃をさした時の深さが今一つわからない。
刃の深さが浅いと何度も刃を入れると、切り口が汚くて石鹸の粉がでる。すると先生が刷毛で掃除。
途中刃を深く入れすぎて花びら1枚切れてしまった。すると先生がボンドで接着。
私ったらこんなに不器用だったのかしら・・・down

今日は2時間かかってやっと完成したのがこちら。

006

綺麗でしょ?先生の手が半分以上入ってますからbleah
このダリアの連続的な花の繰り返しが気に入った。

細かいところに入り込んだためらい傷の石鹸のカスに目を近づけて山下清スタイルで取り除く。本当に目と首が疲れたよ~。

この後、タイ古式マッサージに出かけたのであります。

| | コメント (0)